2011.3.27 和歌山県 南部 磯 小川渡船
天候:晴れ
潮:
同行者:YAS、dai

二日目。

YASはやはりマダイを狙うようだ。

私とdaiはアオリ狙い。

朝5:40出船の朝1便に乗り、沖磯を目指します。

マダイ・グレ狙いのYASを途中で降ろし、我々は少し湾になったいかにもアオリという場所で降りました。

磯名”ナガツロ”


朝一投目は、そこにアオリが居れば直ぐ乗ってくるそうな。

では期待して、1投目。


10分後・・・

ジリジリジリ・・・

おおっいきなり来た!

あまり走らず、5分後ヤエンを投入!

もう届いたやろと思った瞬間、一気に走られる。

これは、かかったと思い、合わせる!

フッ

・・・。なぜ?

いやいや気を取り直し、食べられたアジを再投入。

かなりの確率で乗るそうだ。

しばらくして、おおっ乗った。

が初めての経験の為、どれ位待つかイマイチ不明。

直ぐに入れてみた。

すると、合わせる前に

フッ

ガックシ。

すると次は、dai。


昨日ボウズの為、是非とって欲しいが。

しばらく寄せた後、無事ヤエン投入。

さあどうか?

今度はあわせずに、ゆっくり寄せてきた。

そうしてあと5m付近で、黒い墨が!

かかった!

直ぐにタモを用意し、無事GET!

おそらく1kgのオスのアオリです。

よかったこれで皆アオリGETです。

次は私が と思ったけど、この後長い沈黙が。

この周辺のアオリはもう居ないのか?

回遊を待つのみか?

そうして、もうアタリが無いのでは?と思っていた10:30頃

daiが乗ってるとの報告。


このアオリは走る走る。

右の磯に向かって走る走る。

ようやく止まり、daiが慎重に寄せるが、なにやら擦れた感じがするとのこと。

糸は、磯と磯の間に向かっている。

これは無理かな?と思っていたが、粘って結構手前まで寄せてきた。

これはいけるかもと思ったタイミングでヤエンを挿入。

しかし、糸の角度がなさすぎて、ヤエンが落ちない。

再度ヤエンを外して、角度がつくまでもう一度寄せる。

そうして、ようやくヤエンを投入。

これも、あわせ無しの手前寄せ作戦。

またもや5m付近で、墨が広がる。

乗った!

難なくタモ入れ成功。

今度は、770gの雌のアオリでした。


羨ましい、本日2杯目。

この後

最後のメイクドラマを期待して、アジを投げまくるが、12時終了となった。

<全体釣果>


本日の私の打率 6打数1安打。
 
下手くそを再確認した。

ちなみにYASのマダイは、2匹だけだった。

TOPページに戻る
inserted by FC2 system