2009.6.28 武庫川一文字
天候:曇り後晴れ
潮:中潮
参加者:MAO

さて、FFも今年3回目です。

今までは浜でキスを狙ってみましたが、今回は近場の武庫川一文字に行くことにした。

嫁は夜から仕事の為、MAOと二人で朝5:30の船に乗り込みます。

朝起きれるか不安でしたが、いつもは起きないMAOも起き上がり、いざ狙うは・・・

タコ。

私も始めての釣り。

連日、タコ40匹などと小さいながらも数が出ているので、10匹は釣りたいところです。

到着すると、殆どに人がタコ狙い。

関西人はタコが好きなようで。



人はまずまずです。



4番で降りて、3番まで釣り歩く作戦ですが・・・

いきなり、おやつを食べ始める、MAO。

これは移動は厳しいか?

とりあえず、見よう見まねでタコ釣り開始。

すると、直ぐ後ろで一度に3匹のタコがあがる。

これは20匹はかたいか?

などと思ったのもこの時だけ。

やれどもやれども、アタリ無し。

たまに根掛かり?大きなタコかも?のアタリがあるものの、その正体は不明。

MAOも食べ尽して、釣りを開始。


数投して、間違いない根掛かり。

貴重な疑似餌のタコをLOST。

その後は、MAOの相手と、タコ釣りを繰り返し・・

ようやく待望の1匹!

MAOは喜び、突きまくり、タコ死亡。

がこの後もアタリのないまま、10時暑くなってきたので、終了となった。

MAOも1匹は釣れたので、ちょっと満足してました。

帰って早速、茹でてみた。

小っちゃい


イイダコではありません。


<反省点>

タコ釣りなめてました。

カワハギの叩き釣りのようなテクを駆使するオヤジ。

また、疑似餌のタコを10個付けて、数で勝負するオヤジ。

様々なテクがあるようです。何度かの根掛かりもタコかもしれません。

12号位のフロロ、かPEでアタリを読み取り、

太い、専用竿で一気に引き抜くことが必要だと分かりました。



TOPページに戻る
inserted by FC2 system